顔認証で保育所の出欠管理 大阪府市、実証実験へ 2歳車内死

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大阪府の吉村洋文知事=猪飼健史撮影
大阪府の吉村洋文知事=猪飼健史撮影

 大阪府岸和田市の市立保育所に通う女児(2)が車内に約9時間取り残されて死亡した問題を受け、吉村洋文知事は16日、顔認証で出欠状況を管理するシステムの実証実験を市内の保育所で実施することを明らかにした。府は市と共同で2022年度内にも実験を始める方針だ。

 吉村知事は府庁で記者団に「エラーが重なり、尊い命が失われてしまった。エラーチェーンを断ち切る仕組みを考え、実行することが最も大事だ」と強調。…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文495文字)

あわせて読みたい

ニュース特集