特集

旧統一教会

安倍元首相銃撃事件を機に世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に改めて注目が集まっています。

特集一覧

「宗教法人審議会」21日に開催 旧統一教会への質問内容諮る

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
文化庁=東京都千代田区霞が関で、根岸基弘撮影
文化庁=東京都千代田区霞が関で、根岸基弘撮影

 宗教法人法に基づく「質問権」行使による世界平和統一家庭連合(旧統一教会)への調査を巡り、文化庁は17日、文部科学相の諮問機関「宗教法人審議会」を21日に開くと発表した。文化庁が作成した質問内容について意見を求め、了承が得られれば、教団側に質問を示す形で調査を始める。

 質問権は、同法が宗教法人の解散要件として規定している①法令に違反し、著しく公共の福祉を害すると明らかに認められる行為②宗教団体の目的を著しく逸脱した行為――などの疑いがある場合に行使できる。

 所轄庁(文部科学省や都道府県)が宗教法人の事業運営などについて報告を求めたり、質問したりできるが、1996年施行の改正宗教法人法に質問権が盛り込まれて以来、一度も行使されたことはない。

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文586文字)

【旧統一教会】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集