特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

football life

「とにかくうまい」 窮地救う板倉滉のコミュ力 サッカー日本代表

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東京オリンピックを前にU24日本代表としてU24ガーナ代表と国際親善試合で対戦し、パスを出す板倉滉=ベスト電器スタジアムで2021年6月5日、徳野仁子撮影
東京オリンピックを前にU24日本代表としてU24ガーナ代表と国際親善試合で対戦し、パスを出す板倉滉=ベスト電器スタジアムで2021年6月5日、徳野仁子撮影

 インスタグラムなどに投稿した1枚の写真とメッセージに、その人柄がにじんだ。膝にサポーターを装着し、松葉づえ姿でにっこりと笑う。「やるよ俺は!」

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会が迫った9月、板倉滉(こう)は今季加入したドイツ1部ボルシアMGでのトレーニング中に負傷し、日本代表入りが厳しくなったと国内外で伝えられた。

 多くの関係者やファンが心配する中、わずか2日後のネット交流サービス(SNS)による現状報告は、まさに「らしい」振る舞いだった。ふと頭に浮かんだのは、J1川崎フロンターレのU15(15歳以下)で板倉を指導した森一哉さん(48)=南葛SC監督=が語ってくれた、彼の魅力だった。

 「滉の(最大の長所は)パーソナリティーだと思うんです。それがあっての今の活躍じゃないかと。コミュニケーションを取るのがとにかくうまい。そこは才能だと思う」

 今や代表で欠かせない存在となった板倉だが、脚光を浴びたのはW杯カタール大会アジア最終予選だった。今…

この記事は有料記事です。

残り855文字(全文1285文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集