53年ぶりに4日目で全勝消える 大相撲九州場所 横綱不在で混戦

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
高安(左)がはたき込みで豊昇龍を破る=福岡国際センターで2022年11月16日、矢頭智剛撮影
高安(左)がはたき込みで豊昇龍を破る=福岡国際センターで2022年11月16日、矢頭智剛撮影

 大相撲九州場所4日目の16日、初日から連勝していた関脇・豊昇龍や小結・翔猿ら5人が相次いで敗れ、全勝力士がいなくなった。4日目で全勝が消えるのは、1969年九州場所以来53年ぶり。

 1敗で関脇・御嶽海ら14人が並び、貴景勝と正代の両大関はともに2敗目を喫した。照ノ富士の休場で横綱不在の九州場所は混…

この記事は有料記事です。

残り130文字(全文280文字)

あわせて読みたい

ニュース特集