前町長と議会に確執 町職員の4分の1退職 揺れる兵庫・太子町

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
太子町の議会棟=兵庫県太子町鵤で2022年11月16日午後1時11分、喜田奈那撮影
太子町の議会棟=兵庫県太子町鵤で2022年11月16日午後1時11分、喜田奈那撮影

 兵庫県内西部にある太子町が揺れている。13日投開票の町長選で、不信任決議を受けて失職した前町長との一騎打ちを制した元町教育長が初当選を果たしたが、町政の混乱は収まるのか。

 元町教育長の沖汐守彦氏(65)が、前町長の服部千秋氏(63)に約3700票の大差をつけて勝利した。当選後、沖汐氏は議会や職員と意思疎通を図ることを強調。「公正公平な行政運営をしたい」と述べ、服部氏との違いを鮮明にした。

 町長選に至った太子町では何が起きていたのか。背景には、2016年に初当選した服部氏が議会と衝突を繰り返していたことがある。

この記事は有料記事です。

残り973文字(全文1231文字)

あわせて読みたい

ニュース特集