日商新会頭に小林健氏 「企業の地方回帰」へ抱負

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
日本商工会議所の次期会頭に就任する小林健氏=東京都千代田区で2022年10月27日午後(代表撮影)
日本商工会議所の次期会頭に就任する小林健氏=東京都千代田区で2022年10月27日午後(代表撮影)

 日本商工会議所は17日、東京都内で臨時会員総会を開き、新会頭に三菱商事相談役の小林健氏を選んだ。小林氏は就任後の記者会見で「日本再生と変革に挑む」とのスローガンを掲げ、過去の円高局面で大企業が海外に移転させた生産拠点を国内に戻すよう促す考えを示した。「地方に帰ってきてもらいたい。産業の空洞化が非常に激しい」と述べ、企業の地方回帰に重点的に取り組むとした。

 会見には地方の商議所トップを務める副会頭11人も同席。地方経済について危機感を訴える意見が相次いだ。

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文450文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集