FTX破綻で12月に公聴会 米下院委、バンクマンフリード氏招致へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
FTXトレーディングのロゴ=8日、ロイター共同
FTXトレーディングのロゴ=8日、ロイター共同

 仮想通貨(暗号資産)の大手交換所FTXトレーディングが経営破綻した問題で米議会下院金融委員会は16日、実態解明に向けた公聴会を来月開くと発表した。最高経営責任者(CEO)を引責辞任したバンクマンフリード氏を招致する予定で、FTX破綻の余波が広がっている。

 ウォーターズ委員長(民主党)はFTXの破綻が「100万人を超える利用者に甚大な被害をもたらした」と指摘。仮想通貨事業者が政府や議会の監視や規制の外で活動できないようにするた…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文539文字)

あわせて読みたい

ニュース特集