投資家が大谷翔平選手らを提訴 破綻したFTXの宣伝に関与で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大谷翔平選手=ゲッティ共同、大坂なおみ選手=共同
大谷翔平選手=ゲッティ共同、大坂なおみ選手=共同

 仮想通貨(暗号資産)の大手交換所FTXトレーディングの経営破綻で損害を受けた投資家らが16日までに、社の宣伝に関わった有名人にも賠償責任があるとして、同社の最高経営責任者(CEO)を引責辞任したバンクマンフリード氏に加え、米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手や女子テニスの大坂なおみ選手らを米南部フロリダ州の連邦地裁に提訴した。

 米メディアによると、賠償請求額は不明だが、訴状ではFTXを巡る問題で「米投資家らが110億ドル(約1兆5000億円)の損害を受けた」と主張。「被告は数十億ドルの損害に責任がある」とした。大谷、大坂両選手がFTXの広告塔であるブランドアンバサダーを務めたとしている。

この記事は有料記事です。

残り174文字(全文472文字)

あわせて読みたい

ニュース特集