国際パラ委、ロシアを資格停止処分 ベラルーシも ウクライナ侵攻で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
パラリンピックシンボル「スリーアギトス」のオブジェ=東京都新宿区で2021年5月、手塚耕一郎撮影
パラリンピックシンボル「スリーアギトス」のオブジェ=東京都新宿区で2021年5月、手塚耕一郎撮影

 国際パラリンピック委員会(IPC)は16日、ベルリンで臨時総会を開き、ウクライナに侵攻したロシアと支援したベラルーシの会員資格を無期限で停止する処分を決めた。2023年後半に行われる総会で制裁解除の可能性は残るが、24年パリ・パラリンピックへ影響する可能性も出てきた。

 IPCの加盟義務を順守できないことが処分の理由。投票はロシアを資格停止する動議に賛成64、反対39(棄権…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文472文字)

あわせて読みたい

ニュース特集