米国ディズニー、12月から値上げ 1日券の最高額2万6000円に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米ウォルト・ディズニーのロゴ=1月、ロイター共同
米ウォルト・ディズニーのロゴ=1月、ロイター共同

 米ウォルト・ディズニーが米南部フロリダ州で運営するテーマパークで、新たな料金体系を来月8日から導入することが16日、分かった。世界で最も入園者が多いといわれる「マジックキングダム」は1日券の最高額が現在より30ドル(約4200円)高い189ドル(約2万6000円)となる。需要が旺盛で、アトラクションに多額の投資を続けていることを理由に挙げた。

 フロリダ州の「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」にある四つのテーマパークのうち、新料金導入に伴って三つを値上げする。料金は需要に応じて変動する仕組み。現在は1日券が全テーマパークとも109~159ドルだが、新たな料金体系ではマジックキングダムが124~189ドル、「ハリウッドスタジオ」は124~179ドル、「エプコット」は114~179ドルになる。「アニマルキングダム」は据え置く。

この記事は有料記事です。

残り82文字(全文452文字)

あわせて読みたい

ニュース特集