特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ウクライナ情勢まとめ

米国防長官「ミサイルはウクライナの可能性」(11月17日)

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
記者会見を行うオースティン米国防長官=ワシントンで2022年11月16日、AP
記者会見を行うオースティン米国防長官=ワシントンで2022年11月16日、AP

 ポーランドに着弾したミサイルについて、米国防長官はウクライナの防空ミサイルの可能性があるとするポーランドの見方を支持すると述べた。ウクライナのゼレンスキー大統領は「我々のミサイルではないと確信している」と主張している。ウクライナ情勢を巡る日本時間17日までの動きをまとめた。【デジタル報道センター】

「ロシアに究極的な責任」

 ポーランド東部に着弾したミサイルについて、オースティン米国防長官は16日、ウクライナの防空ミサイルの可能性があるとするポーランドの見方を支持するとした。その上で、「最終的な結論がどうであれ、ウクライナの民生用インフラを狙って一斉にミサイルを発射したロシアに究極的な責任があることは世界が知っている」と述べた。【関連記事】着弾ミサイルは「ウクライナの防空用…

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文852文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集