台湾有事視野に日米共同演習 与那国空港に機動戦闘車 公道も走行

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
日米共同統合演習で与那国島の集落内を走行する陸自の16式機動戦闘車=沖縄県与那国町で2022年11月17日午後3時15分、比嘉洋撮影
日米共同統合演習で与那国島の集落内を走行する陸自の16式機動戦闘車=沖縄県与那国町で2022年11月17日午後3時15分、比嘉洋撮影

 自衛隊と米軍による日米共同統合演習「キーン・ソード23」(10~19日)で、防衛省は17日、日本最西端にある沖縄県・与那国島(与那国町)の与那国空港を使用して陸上自衛隊の16式機動戦闘車(MCV)を空輸する訓練を実施した。戦闘車はその後、公道を走って陸自与那国駐屯地に入った。与那国島は台湾の東約110キロにある。日米の共同演習で与那国空港を使用するのは初めてで、台湾有事などに備え、公共インフラの活用を探る狙いがあるとみられる。

 与那国駐屯地では期間中、自衛隊と米軍が部隊間の「連絡調整所」を設置する訓練も実施する。2016年に開設された与那国駐屯地で日米が共同で訓練するのも初めて。

この記事は有料記事です。

残り1323文字(全文1617文字)

あわせて読みたい

ニュース特集