APEC首脳会議、18日開幕 全会一致必須の「宣言」焦点に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
岸田文雄首相
岸田文雄首相

 日米や中国、ロシアなど21カ国・地域でつくるアジア太平洋経済協力会議(APEC)は18、19日に首脳会議を開く。会議には日本の岸田文雄首相や中国の習近平国家主席らが出席する。ロシアによるウクライナ侵攻で不安が高まるエネルギーや食料の安定供給が主要議題となる見通し。軍事侵攻やロシアへの経済制裁を巡り、日米とロシアが対立する中、全会一致が必要な首脳宣言をまとめられるかが焦点となる。首脳宣言とは別にAPECとしては初となる環境目標の達成をうたう文書「バンコク目標」の採択も目指す。

 APECは太平洋を囲む国・地域が貿易自由化などを協議する経済連携の枠組み。ウクライナ危機で資源や穀物価格は高騰し、アジアの途上国・新興国の経済状況は厳しさを増している。

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文887文字)

あわせて読みたい

ニュース特集