バイデン氏「世界けん引」存在感アピール 中東・アジア歴訪振り返り

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
エジプトと東南アジア歴訪を終えて米国に到着し、記者団の取材に応じるバイデン米大統領=ワシントンで2022年11月17日、AP
エジプトと東南アジア歴訪を終えて米国に到着し、記者団の取材に応じるバイデン米大統領=ワシントンで2022年11月17日、AP

 バイデン米大統領は16日、エジプトと東南アジア歴訪の日程を終えて帰国した。上院で与党・民主党が主導権の維持を確実にするなど善戦した中間選挙(8日投開票)の結果を追い風に「強い立場」(バイデン氏)で民主主義国家の旗振り役としての存在感を国際社会でアピールした。任期4年の後半2年あまりに向けて好スタートを切った形だが、外交・安全保障の課題は山積している。

 「今回の歴訪で世界がいかに米国の選挙を注視しているかを痛感した」

この記事は有料記事です。

残り1312文字(全文1522文字)

あわせて読みたい

ニュース特集