3年ぶりの日中首脳会談 岸田首相「台湾海峡の平和」強調

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
会談の冒頭、中国の習近平国家主席(右)と握手する岸田文雄首相=バンコクで2022年11月17日、代表撮影・共同
会談の冒頭、中国の習近平国家主席(右)と握手する岸田文雄首相=バンコクで2022年11月17日、代表撮影・共同

 岸田文雄首相は17日午後(日本時間同日夜)、訪問先のタイ・バンコクで、中国の習近平国家主席と初めて対面で約45分間会談した。首相は沖縄県・尖閣諸島を含む東シナ海情勢や、中国による弾道ミサイル発射など軍事的な活動に「深刻な懸念」を表明し「台湾海峡の平和と安定の重要性」を強調した。両首脳は安全保障分野の意思疎通を強化することで一致した。

 習氏との対面による日中首脳会談は2019年12月の安倍晋三元首相以来で約3年ぶり。岸田首相が習氏と協議するのは、首相就任直後の21年10月の電話協議以来となった。

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文900文字)

あわせて読みたい

ニュース特集