岸田首相、習氏と「率直に議論」 拉致問題も連携確認 日中首脳会談

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
岸田文雄首相
岸田文雄首相

 岸田文雄首相は17日、中国の習近平国家主席との会談後、同行記者団に対し、会談内容を説明した。

 首相は「率直で突っ込んだ議論ができた」と振り返り、会談で「日中関係はさまざまな地域の平和と安定にとってともに重要な責任を有する大国であり、建設的かつ安定的な日中関係を構築という方向性を双方の努力で現実のものにしていくことが重要だ」と指摘したと説明。「こうした基本的な考え方で習主席と一致した」と述べた。

 また、「尖閣諸島を含む東シナ海情勢や弾道ミサイル発射など軍事的活動について深刻な懸念を表明し、台湾海峡の平和と安定の重要性について改めて強調した」と述べ、「安全保障分野の意思疎通の強化で一致した」とも語った。また、会談で、中国の人権問題や邦人拘束事案についても言及し「日本産食品に対する輸入規制撤廃を強く求めた」と説明。省エネなどの分野での協力や国民交流の再活性化に向け、閣僚間での対話を再開するこ…

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文903文字)

あわせて読みたい

ニュース特集