浜松に新たな地ビール 地元産グレープフルーツ使用 18日発売

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新たな浜松の地ビールを開発した石川大輔代表(左)と杉本大樹主任=浜松市役所で2022年11月11日、山田英之撮影
新たな浜松の地ビールを開発した石川大輔代表(左)と杉本大樹主任=浜松市役所で2022年11月11日、山田英之撮影

 地元産グレープフルーツを使った浜松市の新たな地ビールが誕生した。18日から市内の遠鉄百貨店やインターネットで販売する。

 地ビールの製造会社・浜松アクトビールコーポレーションとグレープフルーツ100%ジュースを販売する市内の団体「どいーにはままつ」(石川大輔代表)が連携。どいーにはままつは障害者の就…

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文342文字)

あわせて読みたい

ニュース特集