連載

ドナルド・キーンが描いた日本――生誕100年に

源氏物語をはじめ日本の文学や文化の魅力を世界に紹介した故ドナルド・キーンさん。生誕100年を機に、膨大な英語の著作から、その言葉の意味を考えます

連載一覧

ドナルド・キーンが描いた日本――生誕100年に

/19 夜行列車で京都へ、そして始まった感動と興奮の日々

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
1953年夏、竜安寺で石庭を見るキーンさん。最初に滞在した衣笠から近い場所にあった竜安寺や仁和寺は、よく訪れたという。撮影は横山正克さんと思われる(ドナルド・キーン記念財団提供)
1953年夏、竜安寺で石庭を見るキーンさん。最初に滞在した衣笠から近い場所にあった竜安寺や仁和寺は、よく訪れたという。撮影は横山正克さんと思われる(ドナルド・キーン記念財団提供)

 英国で学者生活を始めたドナルド・キーンさんは、第二次世界大戦から8年たった1953年8月下旬(8月23日の夕刻と思われる)、ついに日本へ戻ってきた。前回、終戦直後に東京に立ち寄った時はわずか10日ほどの滞在で、東京は廃虚のままだった。8年近い歳月の流れは、再び活気ある日本の首都へとよみがえらせていた。キーンさん自身も、一兵卒から、若き日本文学の研究者となった。しばらく話してはいなかったが、日本語の知識も増えていた。まさに満を持しての日本再訪だった。自伝からはドキドキした心臓の鼓動さえ聞こえてくるようだ。

I arrived at Tokyo’s Haneda (the old Haneda) airport on a rainy night in August 1953, and I took a bus into the city. At the railway station I bought a second-class ticket to Kyoto, the last train that night. I also sent a telegram to Yokoyama Masakatsu, a friend from Qingdao, now living in Kyoto, announcing my arrival the next day.

The train obviously dated from before the war. The seats were uncomfortable, and there was no air conditioning. When I started to fan myself with an old letter, the man sitting in front of me took out a fan from his briefcase and gave it to me, the first act of kindness I received on arriving in Japan. The picture on the fan was by Yokoyama Taikan, the one modern Japanese painter whose name I knew.

I fell asleep at some point, though generally I am quite unable to sleep on a train or plane. When I awoke and looked out, I saw that the train had stopped at Sekigahara Station. The name sent a thrill through me. Tokyo had seemed very much like a European city, especially after Southeast Asia, but the name Sekigahara was proof that I definitely was in Japan.…

この記事は有料記事です。

残り4305文字(全文5658文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集