ポップコーンで「無料」 神戸で自動走行モビリティー運行の実験

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ポップコーンの製造機を搭載したモビリティー。走行中に乗り込んで購入する仕組みだ=神戸市中央区で2022年11月16日午前11時49分、山本真也撮影
ポップコーンの製造機を搭載したモビリティー。走行中に乗り込んで購入する仕組みだ=神戸市中央区で2022年11月16日午前11時49分、山本真也撮影

 神戸市中央区のベイエリアで17日、次世代の自動走行モビリティー(乗り物)を運行する実証実験が始まった。神戸ハーバーランドからメリケンパークにかけての回遊性を高めるため、市などが導入を検討している。無人でポップコーン製造機を搭載し、折り返し地点に飲食屋台を出店。売り上げを充てることで、無料運行が事業として成り立つかも検証する。

 神戸ポートタワー前の岸壁約300メートルを8人乗りや6人乗りのモビリティーが早歩き程度の時速3~4キロで往復する。人が近づいたり、乗り物床のセンサーを踏んだりすると減速し、ルート上の好きな場所で乗り降りできる。

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文624文字)

あわせて読みたい

ニュース特集