「ブラックフライデー」本格化 小売り各社、リベンジ消費に期待

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
 高島屋が宿泊券を販売する高級ホテルの室内(帝国ホテル東京提供)
 高島屋が宿泊券を販売する高級ホテルの室内(帝国ホテル東京提供)

 年末商戦入りを告げる米国発祥の大型セール「ブラックフライデー」が、17日までに日本で本格化した。小売り各社は、物価上昇に苦しむ消費者にお買い得な食料品をアピールしつつ、「プチぜいたく」需要の盛り上がりにも焦点を当ててホテル宿泊券などを売り込む。消費環境は厳しいが、セールを新型コロナウイルス禍からの…

この記事は有料記事です。

残り114文字(全文264文字)

あわせて読みたい

ニュース特集