特集

旦過市場火災

旦過市場で2022年4月19日に42店舗を焼く火災が発生、8月10日にも再び大火に。「北九州の台所」のこれからは。

特集一覧

北九州・旦過市場 4月に焼損「新旦過横丁」跡地に仮設店舗整備へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
旦過市場一帯の火災跡地に整備される仮設店舗のイメージ図=北九州市提供
旦過市場一帯の火災跡地に整備される仮設店舗のイメージ図=北九州市提供

 北九州市小倉北区の旦過(たんが)市場一帯で2度にわたり発生した大規模火災を受け、市は17日、市場に隣接し、4月の火災で焼損した「新旦過横丁(よこちょう)」跡地に最大26区画の仮設店舗を整備すると発表した。「北九州の台所」復興に向け、2023年4月の営業開始を目指す。

 市場一帯では、22年4月の火災で42店舗延べ約1900平方メートル、8月の火災で45店舗延べ約3300平方メートルが焼損。老舗映画館「小倉昭和館」も、8月の火災で焼け落ちた。

 仮設店舗は、がれきが撤去されて更地となっている横丁跡地の約1100平方メートルに整備し、1区画は約15平方メートル。防火対策として、土で固めた敷地に不燃材料を使用した軽量鉄骨の平屋プレハブを建てる予定だ。

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文749文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集