NHK会長、契約情報の開示「改善」の考え コンサル費急増巡り

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
衆院総務委員会で質問に答えるNHKの前田晃伸会長(右)。手前左は寺田稔総務相=国会内で2022年11月17日午後2時34分、竹内幹撮影
衆院総務委員会で質問に答えるNHKの前田晃伸会長(右)。手前左は寺田稔総務相=国会内で2022年11月17日午後2時34分、竹内幹撮影

 NHKの2021年度の「コンサルティング」名目の契約総額が前年度比2・6倍の約35億円に増大していると毎日新聞が報じたことなどを巡り、NHKの前田晃伸会長は17日の衆院総務委員会に参考人として出席した。コンサル名目を含む契約情報の開示の仕方が分かりにくいとの指摘を受け、前田会長は「開示の仕方は工夫する必要がある」と述べ、改善すべきだとの考えを示した。共産党の宮本岳志議員の質問に答えた。

 その上で「一件一件、必要性に基づいて契約しており、金額だけで是非を議論するのは妥当ではない」と語った。

この記事は有料記事です。

残り568文字(全文815文字)

あわせて読みたい

ニュース特集