平和大通り、おとぎの国に 100万個の電球が広島の夜彩る

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ライトアップされた「ゴールデンキャッスル」=広島市中区で2022年11月17日午後6時21分、中村清雅撮影
ライトアップされた「ゴールデンキャッスル」=広島市中区で2022年11月17日午後6時21分、中村清雅撮影

 広島市中区の平和大通り一帯をイルミネーションで飾る恒例の「ひろしまドリミネーション」(実行委主催)が17日夕、始まった。「おとぎの国」をイメージし、オレンジや青、白など色とりどりの計約100万個の電球が織りなす独特の雰囲気を訪れた家族連れらが楽しんだ。2023年1月3日までの午後5時半~10時半、…

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文342文字)

あわせて読みたい

ニュース特集