無人航空機「シーガーディアン」公開 海洋監視体制の強化担う

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 海上保安庁が10月に運用を開始した無人航空機「シーガーディアン」が17日、拠点とする海上自衛隊八戸航空基地(青森県八戸市)で報道関係者に公開された。海難事故の捜索や不審船の監視など、海洋監視体制の強化を担っており、海上自衛隊との共同運用も調整されている。

 運用を開始したのは、米ジェネラル・アトミクス社製のシ…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文389文字)

あわせて読みたい

ニュース特集