激戦の大阪高校野球界に就任36年の長命監督がいた 箕面学園

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
高校野球の秋季近畿大会に初出場した箕面学園の田中祥雄監督=和歌山市内で2022年10月23日午後2時6分、大東祐紀撮影
高校野球の秋季近畿大会に初出場した箕面学園の田中祥雄監督=和歌山市内で2022年10月23日午後2時6分、大東祐紀撮影

 創部60年目の快挙だ。1963年創部の大阪・箕面学園が今秋の高校野球近畿大会に春秋通じて初出場した。86年就任の田中祥雄監督(61)は「強くしてやると思ってきた。扉をこじ開けられた」と感慨深げだった。就任1年目は「練習試合が1勝50敗の超弱小校」だった。そのチームが、激戦の大阪でも一目置かれる存在になった秘密とは。

 10月の秋季大阪大会、関西創価との3位決定戦。エース右腕・金沢悠人投手(2年)が最後の打者を三ゴロに仕留めると、ベンチから選手たちが飛び出してきた。2安打完封でバックも無失策。持ち前の「守り勝つ野球」を実践し、近畿大会出場を決めた。

この記事は有料記事です。

残り787文字(全文1063文字)

あわせて読みたい

ニュース特集