特集

Fun!フィギュア

フィギュアスケートを楽しむ「Fun!フィギュア」。銀盤で輝きを放つスケーターが描く魅力あふれる世界を伝えます

特集一覧

リンクサイド

宇野昌磨「できない時だからこそ向き合う」 NHK杯前日練習

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
前日練習で指導を受けるもスピンがうまくいかず、ステファン・ランビエルコーチに笑顔を向ける宇野昌磨=真駒内セキスイハイムアイスアリーナで2022年11月17日、貝塚太一撮影
前日練習で指導を受けるもスピンがうまくいかず、ステファン・ランビエルコーチに笑顔を向ける宇野昌磨=真駒内セキスイハイムアイスアリーナで2022年11月17日、貝塚太一撮影

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦、NHK杯の前日練習が17日、会場の真駒内セキスイハイムアイスアリーナで行われ、男子で第2戦のスケートカナダを制した宇野昌磨選手(トヨタ自動車)が調整した。練習後の談話は次の通り。

「自分へのいら立ちが…」

 体のコンディションは全く問題ない。スケートカナダが終わってから、プラスの気持ちというか、練習で自分へのいらだちが目立つ部分があって、公式練習の表情にも出ていたと思う。

 ただ、うまくいかないのであれば、それをやりがいと思ってやることはできる。でも、自分が反映しようとした技術をトライした時に全く反映されないというものに、すごくいら立ちを感じている。

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文567文字)

【Fun!フィギュア】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集