豊昇龍「かわず掛け」で白星、幕内10年ぶり 九州場所5日目

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
豊昇龍(左)がかわず掛けで翠富士を降す=福岡国際センターで2022年11月17日、平川義之撮影
豊昇龍(左)がかわず掛けで翠富士を降す=福岡国際センターで2022年11月17日、平川義之撮影

 大相撲九州場所5日目の17日、関脇・豊昇龍が幕内では10年ぶりの決まり手となる、かわず掛けで翠富士を降し、1敗を守った。

 前回は2012年春場所5日目にチェコ出身の隆の山が勢(現春日山親方)に決めた。

 かわず掛けは、相手の左に付いたときは、相手の左足の内側に自分の右足を掛けて、跳ね上げながら体を反…

この記事は有料記事です。

残り190文字(全文340文字)

あわせて読みたい

ニュース特集