特集

宝塚歌劇

100年を超えてなお、世代を超えて多くのファンを魅了する宝塚歌劇。関連するニュースをお届けします。

特集一覧

宝塚歌劇で1000曲以上 作曲家吉田優子の扉を開けた師の言葉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
音楽制作40周年を迎えた宝塚歌劇団の作曲家、吉田優子。手がけた作品は1000曲以上になる=兵庫県宝塚市で2022年11月1日、梅田麻衣子撮影
音楽制作40周年を迎えた宝塚歌劇団の作曲家、吉田優子。手がけた作品は1000曲以上になる=兵庫県宝塚市で2022年11月1日、梅田麻衣子撮影

 「手伝わへんか?」。師の言葉が、宝塚歌劇団初の女性作曲家への扉を開いた。美しい旋律で舞台を彩る吉田優子が、音楽制作40周年を迎えた。1000曲以上を手がけた宝塚を代表する作曲家は、意外にも「自分でこうやりたいと、進んできたわけではないんです」と話す。

稽古ピアニストとして入団

 大阪音大卒業後の1979年、稽古(けいこ)ピアニストとして入団。同年の「白夜わが愛」が初仕事だった。稽古の遅れで、まだインクも乾かない譜面を渡され、初見で弾いた。その演奏に合わせて歌い、振りが付けられ、踊る。女性が仕事を続けるのが当たり前ではなかった時代に「辞めないかも」と思った。

 父の勧めでピアノを学んだ。「才能があったわけでも、好きでもなかった」というピアノを、入団後は好きだと実感した。「1人…

この記事は有料記事です。

残り1011文字(全文1350文字)

【宝塚歌劇】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集