特集

旧統一教会

安倍元首相銃撃事件を機に世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に改めて注目が集まっています。

特集一覧

霊感商法の契約取り消し権、10年に延長へ 事業者名の公表も

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
首相官邸=竹内幹撮影
首相官邸=竹内幹撮影

 政府は18日、霊感商法の被害救済に向けた消費者契約法と国民生活センター法の改正案を閣議決定した。世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の問題を踏まえ、霊感商法で結んだ契約を取り消せる対象範囲を拡大し、被害に気付いてから1年、契約から5年としていた取り消し権の行使期間をそれぞれ3年、10年に延長する。早急な救済につなげるため、施行日は公布から20日後とし、今国会での成立を目指す。

 消費者契約法の改正は政府が進める被害者救済に向けた法整備の柱の一つ。政府は悪質な寄付勧誘などの規制は新法で対応する方針で、18日午後に与野党6党の幹事長・書記局長会談で新法の概要を示し、早期成立に協力を求める。

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文793文字)

【旧統一教会】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集