NY株小幅続落、7ドル安 リスク回避の売り注文が優勢

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 17日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は小幅続落し、前日比7・51ドル安の3万3546・32ドルで取引を終えた。米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げペースが減速するとの観測が後退し、リスク回避の売り注文が優勢となった。

 金融引き締めに積極的なタカ派のセントルイス連邦準備銀行のブラード…

この記事は有料記事です。

残り121文字(全文271文字)

あわせて読みたい

ニュース特集