大学生の就職内定率74% 前年上回る 10月時点

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
(写真はイメージ)=ゲッティ
(写真はイメージ)=ゲッティ

 来春の卒業予定で就職を希望する大学生の10月1日時点での内定率は、前年同期比2・9ポイント増の74・1%だったことが18日、厚生労働、文部科学両省の調査で判明した。1996年の調査開始以降、4番目に高い。厚労省の担当者は「企業の採用意欲が高まり、新型コロナウイルス禍が求人に与える影響は落ち着いてきた」としている。

 少子化に伴う人手不足も内定率上昇の背景とみられる。短大は12・4ポイント増の45・9%まで回復。専修学校(専門課程)は0・6ポイント増の55・3%にとどまった。

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文664文字)

あわせて読みたい

ニュース特集