特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ウクライナ調査員がポーランドで活動開始 ミサイル着弾で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ミサイルが着弾した地点付近を調査する人たち=ポーランド東部プシェボドフで2022年11月16日、ポーランド警察提供・ロイター
ミサイルが着弾した地点付近を調査する人たち=ポーランド東部プシェボドフで2022年11月16日、ポーランド警察提供・ロイター

 ポーランド東部にミサイルが着弾した問題で、ウクライナのクレバ外相は18日、ウクライナ政府が派遣した調査員が、現場で調査活動を始めたとツイッターで明らかにした。ウクライナはポーランド政府が主導する着弾現場の調査への立ち入りを求めていた。クレバ氏は「(現場への)アクセスを認めてくれたポーランド側に感謝する。開かれた形で建設的に協力を続けていく」と投稿した。

 ポーランドでは15日、東部プシェボドフにミサイルが着弾し、住民2人が死亡した。現場ではロシア製の地対空ミサイル「S300」の破片が見つかったと伝えられている。

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文465文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集