特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

米欧5空母、ヨーロッパ周辺で同時運用 ロシアをけん制か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米国国旗の星条旗=2018年1月、高本耕太撮影
米国国旗の星条旗=2018年1月、高本耕太撮影

 米国防総省は17日、10月に配備された米海軍の最新鋭原子力空母「ジェラルド・フォード」を含む米欧4カ国の計五つの空母打撃群が欧州周辺で同時運用中だと明らかにした。運用海域は大西洋と北海、地中海にまたがる。ジェラルド・フォードは、従来の蒸気力ではなく、電磁力を利用して艦載機を射出する「電磁式カタパルト」を採用した最新鋭艦。同盟国との相互運用性を高めて、ロシ…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集