特集

米中間選挙2022

米大統領選の中間の年に連邦議会の上下両院、州知事などの選挙が一斉に実施される中間選挙が11月8日に投開票されます。

特集一覧

女性州知事、過去最多の12人 当選者の3分の1 米中間選挙

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ニューヨーク州のホークル知事=ニューヨークで2022年11月8日、AP
ニューヨーク州のホークル知事=ニューヨークで2022年11月8日、AP

 米中間選挙の州知事選では改選36州の当選者が23日までに決まった。女性の当選者は3分の1にあたる12人で、過去最多となった。非改選州の知事で女性はおらず、全50州の女性知事の割合は24%になる。

 州知事選には、民主党から16人、共和党から9人の計25人が主要候補として臨んだ。このうち、当選を決めたのは民主党8人、共和党4人の計12人だった。米ラトガース大「米国女性と政治センター」によると、これまで最も女性知事が多かったのは2004年の9人だった。当選者全員の任期が始まる23年はこれを上回ることになる。

 現職の8人は全員が再選を決めた。うち1人は東部ニューヨーク州のホークル知事(民主党)だ。クオモ前知事が辞職したために副知事から昇格しており、今回は選挙で選出された。同州では選挙で選ばれた初めての女性知事になる。

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文702文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集