「1杯1000円なんて」 ボージョレ解禁、輸送費高騰でため息

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
解禁に向けボージョレ・ヌーボーをグラスに注ぐ鳥本佳代さん=名古屋市千種区で2022年11月16日午後11時54分、山田泰生撮影
解禁に向けボージョレ・ヌーボーをグラスに注ぐ鳥本佳代さん=名古屋市千種区で2022年11月16日午後11時54分、山田泰生撮影

 フランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」が解禁された11月第3木曜の17日午前0時。名古屋市千種区で開店7周年を迎えたワインバー「ワイン凜(りん)」のオーナー、鳥本佳代さん(49)は集まった客たちと乾杯した後、ため息をついた。「1杯1000円のボージョレなんて」

 2022年のボージョレ商戦は、航空輸送費の高騰に加えて円安の荒波を受けた。ロシアのウクライナ侵攻後、航空機はロシア上空を避けて飛行するため輸送費…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文520文字)

あわせて読みたい

ニュース特集