星五つは1000円のギフト券? やらせレビューの見分け方

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
評価を金品で購入する行為はルール違反だ(写真はイメージ)=ゲッティ
評価を金品で購入する行為はルール違反だ(写真はイメージ)=ゲッティ

 高評価と引き換えに、支払い以上のギフト券をプレゼント――? ネットショッピングの利用率が伸びる中、商品の評価を上げる「サクラ(やらせ)レビュー」が後を絶たない。評価に合わない粗悪な商品をつかまないためには、どうしたらいいのか。「サクラ」の一端を担うよう依頼を受けた男性のエピソードから、手口を見破るヒントになる「サクラチェッカー」(https://sakura-checker.jp/)まで、消費意欲が高まるクリスマスや正月を前に紹介したい。【山本萌】

安さにひかれ、即日注文

 9月下旬、東京都内に住む30代の会社員男性は自宅でインターネット通販大手「アマゾン」のサイトを見ていた。ワイヤレスイヤホンを新調したため、関連グッズを探していたのだ。

 音漏れなどを防ぐイヤホンカバーと、ケースのカバーの2点が目当ての商品。それぞれの商品を検索して目に付いたのが、安い割に高評価を得ていたある業者の製品だった。

 いずれも白色のシリコーン製で、イヤホンカバーは899円、ケースカバーは1280円。購入者が販売元を評価する「カスタマーレビュー」に目を向けると、高い順に星五つから星一つまである基準のうち、両製品とも星五つが50%超で、まずまずの高評価だった。

 男性は「イヤホンの関連商品をアマゾンで検索すると、大量に対象商品がヒットするんです。正直、どれが良い商品か分からないので『安いし、これでいいや』ぐらいの気持ちで決めました」と振り返る。

 シンプルなデザインや耐久性に優れているという商品説明にも好感をもち、即日注文した。

小さなカードの秘密

 注文の翌日、イヤホンカバーが自宅に届いた。早速荷物を開けてみると、手のひらサイズの小箱には商品本体のほかに5センチ四方のカードが1枚同封されているのみ。取扱説明書はなかった。だが、小さな字で書かれた「誘導」の内容に驚かされる。

この記事は有料記事です。

残り2347文字(全文3128文字)

あわせて読みたい

ニュース特集