駅の立ち食いそばが消える? コロナ以前から苦境、相次ぐ閉店

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
JR博多駅3・4番ホームで営業している立ち食いうどんとそばの店。隣のホームに見える赤ちょうちんの店が3カ月限定のおでんの店=福岡市博多区で2022年11月17日午後6時16分、井上俊樹撮影
JR博多駅3・4番ホームで営業している立ち食いうどんとそばの店。隣のホームに見える赤ちょうちんの店が3カ月限定のおでんの店=福岡市博多区で2022年11月17日午後6時16分、井上俊樹撮影

 駅ホームの立ち食いそばやうどん店が相次いで店を閉じている。9月末には東海道新幹線の東京駅ホーム唯一の店も30年以上の歴史に幕を閉じた。新型コロナウイルスの感染拡大で鉄道利用者が減った影響が大きいが、苦境はコロナ以前からだったようだ。「早い、安い」で出張者や鉄道ファンらの胃袋を満たしてきた「駅そば」はなくなってしまうのだろうか。

 東京駅の18・19番ホームにあった「東京グル麺」は、東海道新幹線の東京駅ホームに最後まで残った立ち食いそばとうどんの店だった。かけそばが1杯300円で、名物はトンカツの卵とじを乗せたかつ煮そば(620円)。運営するジェイアール東海パッセンジャーズ(東京都中央区)によると、1988年以前から営業しており、時間のない出張者らに愛されてきた。

 閉店の直接のきっかけは新型コロナの感染拡大だ。長期休業と営業時間の短縮を繰り返し、新幹線の利用客自体も減少する中、撤退を決断。9月30日の閉店前には、SNS(ネット交流サービス)上に「出張の度にお世話になりました」「サラリーマンに交じって食べた思い出があります」などと惜しむ声が寄せられた。東京駅に先立ち、3月末には名古屋駅ホームの立ち食いきしめん店も閉店を余儀なくされている。

 もっとも理由はコロナだけではない。…

この記事は有料記事です。

残り1771文字(全文2314文字)

あわせて読みたい

ニュース特集