通算1500勝の羽生九段ら表彰 東京と大阪で「将棋の日」式典

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
通算1500勝達成で特別将棋栄誉敢闘賞を受賞し、報道陣の取材に応じる羽生善治九段=東京都渋谷区の将棋会館で2022年11月18日午後0時17分、丸山進撮影
通算1500勝達成で特別将棋栄誉敢闘賞を受賞し、報道陣の取材に応じる羽生善治九段=東京都渋谷区の将棋会館で2022年11月18日午後0時17分、丸山進撮影

 第48回「将棋の日」表彰・感謝の式典が18日、東京と大阪の将棋会館で開かれ、長年活躍している棋士・女流棋士を表彰した。前人未到の通算1500勝を今年6月に達成した羽生善治九段(52)には、特別将棋栄誉敢闘賞が贈られた。また、数々のタイトル戦の会場となっている常磐ホテル(甲府市)や、対局用の座布団を開発・提供している昭和西川など、将棋普及や棋戦運営に尽力した個人や団体には感謝状が贈られた。

 江戸時代、将軍の前で「御城将棋」が毎年11月17日に行われていたことから、日本将棋連盟はこの日を「将棋の日」とし、毎年その前後にイベントや式典を実施している。

この記事は有料記事です。

残り1156文字(全文1432文字)

あわせて読みたい

ニュース特集