障害者施設で作った菓子を困窮世帯へ 徳島県が「一石二鳥」の支援策

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
徳島県庁=徳島市万代町で2019年2月26日、松山文音撮影
徳島県庁=徳島市万代町で2019年2月26日、松山文音撮影

 徳島県は18日、新型コロナウイルス禍や物価高騰に伴う生活困窮世帯への支援策を発表した。障害者就労支援施設が製造した焼き菓子などの加工食品を買い、支援団体を通じて提供。生活困窮世帯とコロナ禍で受注が減って苦しい運営状況に陥っている障害者就労支援施設を同時に支援する「一石二鳥」の効果を狙う。

 県国保・自立支援課によると、米やインス…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文393文字)

あわせて読みたい

ニュース特集