インフル患者、大阪などで増加 流行期入りの目安には達せず

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影 拡大
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 厚生労働省は18日、インフルエンザの患者発生状況(7~13日)について発表し、定点医療機関あたりの患者数は全国で最も多い大阪府で0・48となり、前週の0・36から増加した。次に多いのは京都府0・34(前週0・22)で、全国平均では0・08(同0・06)で、増加傾向が続くが、流行期入りの目安の1を下回っている。

 インフルエンザで全国の学校4校で学級閉鎖があり、今シーズン累計25校になった。

 インフルエンザは過去2年は流行がなかったが、今冬は新型コロナウイルスを含む同時流行が懸念されている。【原田啓之】

あわせて読みたい

ニュース特集