名古屋大・岐阜大運営の機構に不正アクセス 4万人分個人情報流出か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
写真はイメージ=ゲッティ
写真はイメージ=ゲッティ

 名古屋大と岐阜大を運営する東海国立大学機構(名古屋市)は18日、不正アクセスによって両大学と機構の教職員、名大の学生ら約4万人分のメールアドレスや氏名、生年月日などの個人情報が流出した可能性があると発表した。岐阜大の学生は含まれていない。

 同機構によると、利用者からの指摘で10月18日、不正アクセ…

この記事は有料記事です。

残り166文字(全文316文字)

あわせて読みたい

ニュース特集