「マッチョな男」と出産立ち会いから考える 自分との向き合い方

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
11月19日は国際男性デー。生きづらさを感じている男性は少なくないという(写真はイメージです)=ゲッティ
11月19日は国際男性デー。生きづらさを感じている男性は少なくないという(写真はイメージです)=ゲッティ

 11月19日は「国際男性デー」。近年メディアで盛んに取り上げられる「国際女性デー」と比べると耳慣れないが、1999年にトリニダード・トバゴで始まったとされる、男性の心身の健康の保障やジェンダー平等社会を目指す日だ。

 まずはジェンダーを取り巻く現状について紹介したい。日本の2022年の「ジェンダーギャップ指数」は146カ国中116位で、主要7カ国(G7)では最下位だ。国会議員などの指導的地位に占める女性の割合が低いことが要因に挙げられている。

 一方、政府が6月に閣議決定した22年度の「男女共同参画白書」は、共働き夫婦や未婚者の増加など家族のあり方が多様化しているにもかかわらず、制度や政策が「サラリーマンの夫と専業主婦と子ども」の家族モデルを前提としていると指摘。「もはや昭和ではない」と社会構造の変革を求めている。

この記事は有料記事です。

残り3595文字(全文3956文字)

あわせて読みたい

ニュース特集