高知追手前高校、有形文化財に答申 時計台は「生徒の魂」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国の登録有形文化財への登録を答申された高知県立高知追手前高校本館=県提供
国の登録有形文化財への登録を答申された高知県立高知追手前高校本館=県提供

 時計台があることで親しまれてきた高知県立高知追手前高校本館(高知市追手筋2)が、学校建築として県内で初めて国の登録有形文化財に答申された。

 明治初期に県庁内に設けられた変則中学校が前身で、1878(明治11)年に高知中学校として創立された。現在の建物は1931(昭和6)年完成の鉄筋コンクリート造3階建てで、今も高校生が毎日使っている。

 卒業生の建築家、武田五一指導のもと設計され、和洋折衷の「帝冠様式」が特徴。特に印象的なのは屋根中央部分の和風塔屋にある時計台だ。木造校舎からの建て替えにあたっては、資金不足で時計台不要論も議論されたが、「時計台は本校生徒の魂」(高知追手前高校百年史より)と守り抜かれた。高知城に近い立地もあり、市民や観光客のランドマークとして親しまれている。

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文535文字)

あわせて読みたい

ニュース特集