月探査機「オモテナシ」、日本初の着陸諦めず 残った手段を検討

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
月面に着陸するオモテナシのイメージ=宇宙航空研究開発機構(JAXA)提供
月面に着陸するオモテナシのイメージ=宇宙航空研究開発機構(JAXA)提供

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は18日、米巨大ロケットで打ち上げた月探査機「オモテナシ」が電圧不足で通信ができない状態だと明らかにした。ただ世界最小かつ日本初の月着陸は諦めておらず、残った手段で姿勢制御を試み、21日ごろまでを期限に挑戦の可否を判断する。

 JAXAによると、探査機はロケットから分…

この記事は有料記事です。

残り151文字(全文301文字)

あわせて読みたい

ニュース特集