鹿屋基地の米軍無人機、21日運用開始 九州防衛局が伝達

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
MQ9が一時配備される海上自衛隊鹿屋航空基地=鹿児島県鹿屋市で2022年10月23日午後0時22分、宮城裕也撮影
MQ9が一時配備される海上自衛隊鹿屋航空基地=鹿児島県鹿屋市で2022年10月23日午後0時22分、宮城裕也撮影

 海上自衛隊鹿屋航空基地(鹿児島県鹿屋市)に米軍の無人偵察機「MQ9」を一時配備する計画に関し、防衛省九州防衛局は18日、21日から運用を始めると鹿屋市に伝えた。米軍の準備が整ったとしている。市は安全の徹底と1年の運用期間を守るよう求めた。

 無人機の配備は海洋進出を強める中国を念頭に、南西方面の警戒…

この記事は有料記事です。

残り159文字(全文309文字)

あわせて読みたい

ニュース特集