東京入管収容中のイタリア人死亡 居室に電源コード、感電か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東京出入国在留管理局=東京都港区で、本社ヘリから
東京出入国在留管理局=東京都港区で、本社ヘリから

 出入国在留管理庁は18日、東京出入国在留管理局(東京都港区)に収容中のイタリア人の50代男性が同日午前、死亡したと発表した。現場の状況から「自殺と思われる」としている。遺書は見つかっていない。

 入管庁によると、男性は仮放免許可が取り消され、今年10月25日に収容された。18日午前7時20分ごろ、職員が居室内で倒れているのを発見。テレビの電源コードを裂いた先…

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文451文字)

あわせて読みたい

ニュース特集