日本エアコミューターで航空事故 乗客1人骨折「着陸で腰痛めた」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国土交通省が入る中央合同庁舎第3号館=本橋和夫撮影
国土交通省が入る中央合同庁舎第3号館=本橋和夫撮影

 国土交通省は18日、日本エアコミューター(JAC)が7日に運航した種子島発鹿児島行きの日本航空3760便で乗客1人が腰椎(ようつい)を圧迫骨折する航空事故があったと発表した。運輸安全委員会の航空事故調査官2人が原因を調べる。

 国交省やJACによると、日本航空3760便は7日午前9時25分に種子島を…

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文342文字)

あわせて読みたい

ニュース特集