無人偵察機運用の米兵、運転の車で事故 スクーターの高校生けが

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
デモ飛行で海自鹿屋航空基地上空を飛ぶMQ9=鹿児島県鹿屋市の同基地で2022年11月5日、新開良一撮影
デモ飛行で海自鹿屋航空基地上空を飛ぶMQ9=鹿児島県鹿屋市の同基地で2022年11月5日、新開良一撮影

 鹿児島県鹿屋市の海上自衛隊鹿屋航空基地に一時配備される米空軍の無人偵察機部隊所属の男性が18日朝、鹿屋市内の交差点で乗用車を運転中、女子高校生(18)のスクーターと衝突する事故を起こした。女子高校生はひざや手首などに軽いけがをした。

 この日、市役所を訪れた防衛省九州防衛局の遠藤敦志企画部長が中西茂市長に報告した。中西市長は「大きく市民の信頼を損ねた」と苦言を呈した。中西市長は部隊のアレクサンダー・ケリー司令官とも面会し、安全対策の徹底…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文551文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集