特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

柴崎岳「勇紀が僕のパスを引き出してくれた」 カナダ戦

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【日本-カナダ】後半、ヘディングでボールをつなぐ柴崎岳(中央右)=アルマクトゥーム競技場で2022年11月17日、宮武祐希撮影
【日本-カナダ】後半、ヘディングでボールをつなぐ柴崎岳(中央右)=アルマクトゥーム競技場で2022年11月17日、宮武祐希撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会(20日開幕)に臨む日本代表は17日、W杯前最後の実戦としてアラブ首長国連邦(UAE)のドバイでカナダ代表と国際親善試合で対戦し、1―2で逆転負けした。守備的MF(ボランチ)でフル出場した柴崎岳(レガネス)は相馬勇紀(名古屋)の先制点を演出し、「勇紀がうまく抜け出して、僕のパスを引き出してくれた」と語った。

 ――田中碧(デュッセルドルフ)と組んだボランチの連係は。

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文499文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集