大谷翔平、MVP受賞ならず 「賞」では測れない二刀流のすごみ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大谷翔平
大谷翔平

 米大リーグの最優秀選手(MVP)が17日(日本時間18日)発表され、投打の二刀流で活躍したエンゼルス・大谷翔平選手(28)の受賞はならなかった。

 2年連続MVPこそならなかったが、大谷が歩んでいるのは誰も追随することのできない「唯一無二」の道。進化を続けていくその活躍は「賞」では測れない価値がある。

 「個人的にはいいシーズンだったと思う。安定して試合に出続けられたのが一番いいところ。来年も毎試合いい状態で試合に臨めるように頑張りたい」。10月の帰国時、大谷は今季の良かった点をそう振り返った。昨年に引き続き、投打両面でフル回転し続けた今季。本来であればそれだけでも十分に驚異的なプレースタイルだが、大谷が二刀流で躍動するその姿がもはや「当たり前」の光景として定着しつつあることが、よりすごみを際立…

この記事は有料記事です。

残り970文字(全文1321文字)

あわせて読みたい

ニュース特集